アメリカ 空母 感染。 【生物兵器】米空母で150人超感染か 艦長が海軍幹部に支援要請 新型コロナ

横須賀米空母 16人感染/米海軍・感染26隻に拡大

しかし部下たちは課題を克服する上での柔軟な適応力を実証し、任務遂行のための即応性を維持し続けてきました。 米海軍の即応能力と中国に対する抑止力の低下は避けられない。 船舶感染の際の対処をめぐっては、数千人の乗客を乗せた大型豪華客船「ダイアモンド・プリンセス」号寄港問題が日本含め各国でも大論議となった矢先だけに、今後、「セオドア・ルーズベルト」のみならず「前方展開戦略」を支柱とする他の米海軍艦船にも、コロナウイルス感染が拡大していった場合、海外基地寄港問題にも波及する恐れもある。 飯田)アメリカ海軍の抑止力は当然、日本の安全保障にも直接関わります。 しかしそれ以外にも、9日にポリティコという専門誌が報じていましたが、第7艦隊、日本を中心に展開している「ロナルド・レーガン」からもコロナ感染者が出たという話がありました。

Next

アメリカ空母で集団感染が起きたようですが、中国やロシアでも同じようなこと...

《SI》. 同空母打撃群は、南シナ海での軍事的優勢を強化しつつある中国に対して警鐘を鳴らすため、同海域で作戦行動を展開した。 「感染は現在進行形で急速に拡大している」。 クロジャー艦長は「いま行動を起こさなければ、兵士という最も信頼できる資産を守れない」と述べ、一刻も早く陸上施設で乗組員の大半を隔離するよう訴えている。 感染拡大は起きてしかるべきです」 アメリカ海軍が保有する空母は11隻。 ですから、しっかりと対応してもらわなければいけないと思います。

Next

米空母で新型コロナ感染拡大 艦長が緊急支援要請

また、乗組員の感染が確認された艦船は米海軍全体で26隻にのぼるとしています。 このため、乗組員らは出航前14日間にわたって隔離され、新型コロナウイルスに感染していないことが確認されてから乗艦が許されました。 海軍要員が最初にウイルスに感染した場所は不明。 ただちに行動を起こさなければ、最も信頼を寄せる国家資産ーすなわちわが乗員たちを見くびったことになる」との書き出しで始まる直訴状は、すでに艦内に拡大しつつあるコロナウイルス感染の脅威に言及する中で「4000人超の乗員の大半を2週間にわたり本艦から退避させることは異常事態と言えるかもしれない。 海軍当局者がCNNに明らかにした。 ただ中国軍での感染拡大が報じられてからもう二ヶ月近く経っていますので、感染が蔓延したのが早い分、隔離によって終息するのも米軍より早いでしょう。

Next

米空母でコロナ感染拡大「加速」 艦長が支援要請 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

星条旗新聞によると、12日現在で、585人が感染した。 任務復帰にあたり、いつでも実戦参加できるよう約1000トンの弾薬を搭載しています。 3月末、原子力空母「セオドア・ルーズベルト」での集団感染が報じられた。 横須賀基地のジャレット司令官は27日、「同基地所属の水兵2人が新型コロナに感染した」と発表した。 航海中の艦船では、ルーズベルトに続き、駆逐艦キッドで感染者が33人に拡大するなど、深刻な被害が広がっています。 しかも、アメリカの空母は乗員が6000人くらいでしょう。

Next

米原子力空母で感染拡大 数百人規模か、艦長が支援要請 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

それでも今ただちにやるべきことがある。 将兵たちは戦術的、技術的に素晴らしい能力を優れたチームワークと強靭さで示してくれました。 米国の死者、中国を上回る アメリカでは31日、新型ウイルスによる死者が3400人を超え、中国を上回った。 米CNNテレビは海軍当局者の話として70人以上で、さらに増える見通しと伝えた。 この艦内では100人近くが新型コロナウイルスに集団感染し、艦長は「戦争でないのに乗組員が死ぬ必要はない」と救援を求める書簡を海軍上層部にメールで送っていたが、同じ書簡を外部の20人以上にも送っていたため、海軍は情報漏洩だとして解任した。 基地司令部は向こう48時間にわたり基地を閉鎖することを決めた。

Next

アメリカ空母2隻がインド太平洋哨戒任務に出発 空母3隻体制に

国防総省は24日、同空母の乗組員3人が感染したと発表。 ロナルド・レーガン(空母)-Wikipediaより 西太平洋に展開する空母はこの「セオドア・ルーズベルト」だけ 宮家)論点としていくつかありますが、いちばん大事なのは「人命が先か、国防もしくは抑止力が先か」ということです。 だが、同空母の窮状は明らかだ。 米海軍以外にも、フランス、台湾海軍の艦内で感染者が拡大しています。 ルーズベルトのクロジャー艦長は米軍幹部に宛てた3月30日付の文書で、悲痛な叫びを上げた。 現在までの感染者数は明らかにされていないが、米サンフランシスコ・クロニクル紙は米軍幹部の話として150~200人と報道。

Next

米空母「コロナ感染」でチャンス到来の中国海軍 「至急上陸」を求めて艦長解任、揺れる米海軍(1/4)

アメリカ海軍だから情報が外に出て来て、健全に対処されていますが、中国の人民解放軍の海軍だったら、同じ状況になっても情報は外にはなかなか出せないでしょう。 アジア太平洋地域では、横須賀基地の「ロナルド・レーガン」など3隻が整備や訓練に入っていたため、一時、直ちに展開できる空母が事実上、不在となる事態に陥り、空母を指揮するベイカー司令官は声明で「空母がインド太平洋地域での任務に一歩近づいたことは大きな成果だ」と強調しました。 クロージャー艦長は空母の「空間は元来、制限されている」ことに触れ、「感染症の拡大が続き、加速している」と言明した。 その上で、乗組員の約1割を消…. 任務復帰にあたり、いつでも実戦参加できるよう約1000トンの弾薬を搭載しています。 また、FOXニュースによると、横須賀基地に停泊している空母「ロナルド・レーガン」の乗組員2人の感染が判明した。 クルーズ船は乗客のための個室が多いとして、「ずっと悪くなりそうだ」とつづった。

Next