アウディー a4。 【簡単検索】車のカラーナンバー早見表: 【色番号】アウディ A4のカラーコード

アウディA4|新車価格・値引き相場・燃費 一覧表

0 SEパッケージ• 0TFSI」をベースに人気のオプションSラインパッケージを標準装備化した「Sラインプラス」(限定110台)を設定。 既に販売されていたと共通コンセプトのデザインで、若干サイズアップにより居住性を上げ、もアルミ製の新設計に変更された。 8L直4ターボ、165馬力の2. 主力グレードであるsportに、従来S lineに採用されていたフロントバンパーとクロームグリルを採用、アルミホイールのデザインも一新。 そんなジャーマン3のひとつであるアウディが昨年フルモデルチェンジを行った、最新のA4が日本に上陸した。 搭載する2L TFSI(直噴ガソリンターボチャージャー)ユニットは、従来型に対して動力性能を高めつつ、Start/Stopシステムやエネルギー回生機構を標準装備するなどして、燃料消費を大幅に削減。 それに今回、2Lターボ(CDN型:211ps)を追加した。 右ハンドルのみの設定。

Next

A4アバント(アウディ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

0TFSIクワトロが追加された。 8T クワトロ SE 4WD• トランスミッションはFFモデルにS(スポーツ)モードが付いた無段変速CVT(マルチトロニック)、4WDにマニュアルライクな操作が可能なティプトロニック式5ATが組み合わせられる。 0 アトラクション• さらに、「35TFSIスポーツ」をベースとして特別限定車「35TFSIスポーツ ブラックエレガンス」を設定(限定125台)。 2Lと2Lターボはクワトロとよばれる、アウディ伝統のフルタイム4WDシステムとの組み合わせ。 トランスミッションはFFモデルにCVT(マルチトロニック)、4WDにマニュアルライクな操作が可能なティプトロニック式5ATが組み合わせられる。 「L エディション」は、アウディAGのル・マン24時間レース初参戦を記念した、特別仕様車。

Next

アウディA4

8TFSI」はFF駆動で、無段変速マルチトロニック。 搭載されるエンジンは、V型6気筒DOHCが3L(220ps)と2. またアルミニウムを多用することで軽量化も果たした。 また全車で、専用の工ア口パーツや18インチアルミホイールをまとい、ホールド性の高いスポーツシート(S-lineロゴ入り)やパドルシフトを装備したスポーツステアリングホイール、quattro社製のスポーツサスペンションなどを備えた「S-lineパッケージ」を選択可能とする。 0と本革仕様やシートヒーターを装備した2. 搭載する2L TFSI(直噴ガソリンターボチャージャー)ユニットは、従来型に対して動力性能を高めつつ、Start/Stopシステムやエネルギー回生機構を標準装備するなどして、燃料消費を大幅に削減。 4 TFSIスポーツ」は、2リッターグレードから遅れること約6カ月、2016年10月に日本市場へ導入された。 クリアランスソナー• アウディのミドルレンジを担うA4。 アウディA4のアウディ80から続く8世代目は、セダンとアバントステーションワゴンの2ボディタイプ。

Next

Audi A4 allroad quattro > アウディジャパン

0SEは左ハンドルを設定。 8T ラグジュアリーライン プラス• 2008年11月より、「S-lineパッケージ」を新たにオプション設定。 8Tq 4WD• 4万円 16. 1クラス上のモデル。 従来型に対して明確にキャビンが広くなったという印象は受けないのだが、そのうえで「室内長やリアのレッグルームが拡大」とうたわれても、「大きくなったら広くなるのはアタリマエ」と、思わずそんなイヤミな答えを返したくもなってしまう。 中でもメルセデス・ベンツにBMW、そしてアウディというブランドの作品が、「ジャーマン3(スリー)」と呼ばれて別格扱いをされるのは、「やはり、それなりの理由に裏打ちされている」というのが、偽りのない自身の意見でもある。 2FSIクワトロ」、「2. その名が示すとおり、ボディカラーはファントムブラックパールエフェクト 黒 と、アイビスホワイト(白)の2色を設定。

Next

A4(アウディ)の中古車

また、「1. またアバントはそれぞれ29万円高の476万円と507万円である。 0 アトラクション ラグジュアリーライン プラス• さらにレザーシート(側面、背面、ヘッドレスト等に合成皮革を使用したパーシャルレザー仕様)をオプションで設定。 9万円 578. 8〜 228万円 467万円 13. 0 TFSI クワトロ アーバンスタイル エディション 4WD• Sラインパッケージは、エクステリアに、Sライン専用フロント&リヤバンパー、サイドシル、Sラインエンブレム(サイド)、Sラインロゴ入りドアシルプレート、Sラインサスペンション(quattro社製)を、インテリアにSラインエンボス加工入りフロントスポーツシート、マルチファンクション&パドルシフト付本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール、マットアルミニウムパネル、ブラックヘッドライニングを備えた。 駆動方式はフルタイム4WD、トランスミッションは7ATが設定されています。 4TFSIエンジンを搭載した「35TFSI」を用意。

Next

アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 未来が見えてきた

穏やかでスポーティ過ぎない仕様が欲しいと考えていた人も少なくないはずだ。 そもそも2. グレードは、3Lは3. 0万円 646. トランスミッションはFFモデルに無段変速マルチトロニック、4WDにマニュアルライクな操作が可能なティプトロニック式6速ATとなる。 ラインアップはFWDモデルの「2. 両ボディタイプとも4グレードバリエーションとなった。 2FSIクワトロは、新たにHDDナビゲーションシステムを標準設定。 4」、「A4アバント 1. ラインアップはFWDモデルの1. 駆動方式は2LはFF、3. 2L V型6気筒DOHCの直噴 FSI 、2L 直列4気筒 直噴ターボ TFSI 、2L 直列4気筒DOHC 5バルブと、1. なお、「1. 8 TFSI Sラインパッケージ• アバント、セダンともにリヤシートは6対4分割可倒式。 なお、この車両は、右ハンドル仕様のみの設定となっています。 自動パーキングにはモータースポーツの経験が注入できないから、というのはもちろん冗談である。

Next

アウディA4|新車価格・値引き相場・燃費 一覧表

右ハンドルのみの設定。 4Lが搭載される。 8Lターボはクワトロとよばれる、アウディ伝統のフルタイム4WDシステムとの組み合わせ。 0アトラクション(Attraction)」、それに「1. FFモデルは「2. エントリーグレードということで価格の安さに目が行きがちだが、実際に触れて乗った印象はどのようなものなのだろうか。 末にユーロ高で価格が引き上げられたものの300万円台をキープしており、やなどのライバル車種よりも低い価格帯にある。 9万円 544. には、が開発しクラッチレスマニュアルのような使い方をドライバーが選択できる(アウディは Manumatic と呼ぶ)が採用された。 どうしてドイツ車ばかりが贔屓(ひいき)されるのか!? リサイクル料金が別途必要になります。

Next