千と千尋の神隠し 幻のラスト。 【その後】千と千尋の神隠しにまつわる幻のエンディング、ラストとは | シネパラ

《幻のエンディング》が存在した!?「千と千尋の神隠し」の都市伝説

とはいえ、作品の中では風俗のモチーフとして湯女が用いられたわけではありません。 。 千と千尋の神隠し最初の構想 「千と千尋の神隠し」は初期段階の話では 湯婆婆を倒した後に本当のラスボスとして 銭婆婆が出現、それを倒し人間世界に帰るという内容だったそうです。 宮崎駿監督と同世代のアニメ監督、杉井ギサブロー監督へのリスペクトも込められていると考えられ、『銀河鉄道の夜』をモチーフにしているとすると、千尋たちが乗った電車の乗客や運転手、車掌らが黒いのは、死者だからではないかと予想されます。 証明出来ない悔しさはあるが、ハクの「一度あったことは忘れないもんさ」って台詞に救われる。

Next

千と千尋の神隠しの都市伝説裏設定!ハクとその後や湯屋の舞台考察まとめ

トンネルは臨死体験をした人達が天に向かうトンネルであり、日暮れから現れた大きな川が「三途の河」です。 。 声を演じている沢口靖子さんも「 いつまでも女であることを捨てられない女」「 母性よりも女性性を選ぶ女」とやや客観的に演じたキャラを批評していました。 実はこの作品には劇中では明かされていない裏設定や、まことしやかに囁かれる都市伝説が存在します。 千尋はひとりで新居の周りを探索して、きれいな小川が流れているのをみつけ、小川にかかった橋から川を眺めていると、そこにハクが再び龍神として存在し、自分を見守っているように感じて終わります。 寄り道をしてしまいましたが当初の目的である引っ越し先に向かいます。 また、公開当時の感想がネットにないから、という話がありますが、 スマホを中高生以上の人ほとんどが持っている今とは環境が違います。

Next

【千と千尋の神隠し】裏設定&都市伝説の考察【カオナシ&ハク様&幻のラストシーン】

。 なぜ千尋には両親が居ないことがわかったのでしょうか。 つまり、湯屋で働く仲間の中にも 元々住処があった者もいたかもしれない。 なので、この頃のtwitterを眺めると、この千と千尋のラストシーンに関する言及が多く見られます。 そして引っ越し先に到着します。 物語の最後に母親は確かに引越し業者について「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と言っていますがこのシーンはエンディングではありません。

Next

【その後】千と千尋の神隠しにまつわる幻のエンディング、ラストとは | シネパラ

湯婆婆が最初から千尋を開放するつもりで、この儀式をおこなったとすると、千尋が適当に「これとこれ」と豚を指しても、大当たりだったかもしれません。 ではなぜこのように「幻のエンディング」なんて言われるようになったのかを2チャンネルの書き込み以外で考えてみると、どうやら映画の中でよく似たシーンがちょこちょこ出てくるから「記憶がごっちゃになった」のではないかと思われます。 新居に向かう途中で丘から引っ越し業者が到着しているのが見える。 自らの意思を発するためには他の誰かの声を借りなければならない。 ここからは蛇足です。 海原電車の謎 作品中盤にでてくる謎の多い「 海原電車」。 そして、カオナシのモデルとなったのは「借りぐらしのアリエッティ」で監督を務めた米林宏昌監督なんだそうですw それぞれのキャラクターの正体 ちなみにそれぞれのキャラクターの正体も載せておきます。

Next

【ジブリ都市伝説#1】千と千尋の神隠しの幻のラストシーンについて!?映画館で観た人続出!?

パンフレットによると目黒雅叙園というホテルが一番参考になったと宮崎駿監督は語っています。 街の居酒屋にある料理を勝手に食べると ブタになるというものでした。 これは私の妄想的考察になりますが、「なんか見たことある」気持ちになるのは、この「幻のラストシーン」の記述は、全て、 映画に実際に出てきた場面の寄せ集めだからではないでしょうか。 このラストを観た人たちからすれば、まさに「 神隠し」にあった気分なのかもしれません。 憶測レベルのお話だと思います。 もうひとつ、異世界へのトンネルの色が、最初入る時には赤かったのに、車が走りはじめて遠ざかって行く時には石造りに変化しています。 Sponsored Link 最初は「千と千尋の神隠し」ではなく「千とちさとの神隠し」だった? 今でこそ「千と千尋の神隠し」という名前で定着しているものの、実はこの映画。

Next

《幻のエンディング》が存在した!?「千と千尋の神隠し」の都市伝説

その割には、不思議なトンネルをみつけると、無邪気に入って行き、お母さんも「車にあったサンドイッチを持って来ればよかった」とのんびり発言までしています。 都市伝説ですが、ハクはこの後に湯婆婆に八つ裂きにされてしまったという説もあります。 リンは釜爺にトカゲの干物をもらって、喜んでいるところからも狐の好物であるトカゲを思い起こさせます。 幻のエンディング ではその 「幻のエンディング」とはどんなヤツなのかもう一度観てみると、 ・千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる 何故かは覚えていない ・新居に向かう途中、丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る ・新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー」と注意される ・千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く ・橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になりこの川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる 引用元: これら5個のシーンが「本当はあった」と言うのです。 2001年公開の作品なので、2014年に突然「幻のラストシーン」が見つかる、というのは非常に考えにくいです。

Next

千と千尋の神隠しの都市伝説裏設定!ハクとその後や湯屋の舞台考察まとめ

この童話の主人公となるのが、大阪から東京まで自転車でやってきた20歳のリンという女性でした。 スポンサーリンク. 宮崎監督によるとこのシーンは「 二人の永遠の別れ」を描いていると言っています。 それから千尋が新居の近くを歩いていると小さな橋のかかった川に辿り着きます。 千尋たちがトンネルを抜けて外に出ると、車には葉が積もっていて中も誇りだらけで何年も放置されていたかのような状態になっていましたが、3人は車に乗り込み不思議なトンネルを後にします。 千と千尋の神隠しのエンディングが違うところと引越し業者について Sponsored Link では 「幻のエンディングがあった」のなら、普通のエンディングとどこが違うのでしょうか? それはエンディングで出てくる 引越し業者も関係しているそうです。 東洋風の建物や、神秘的な雰囲気が千尋の迷い込む世界にそっくりです。 「自分がない」、「自分の居場所がない」からこそ他者の欲望を煽って自身に取り込み、パーソナリティを得ようとしたのでしょう。

Next