初手ダイマックス構築。 【剣盾シーズン8】特殊エースバーン入り対面構築【レンタルチーム】

【最終258位】初めての対面構築

キツい や などに広くタイマンで勝てる襷 が強そう。 Sに関しては鈍い はS無振りな可能性が高いため4だけ振ると先制しやすくなる。 選出 PT再掲。 と共に弱点を突かれるのだがのコットンガード後の耐久の認識の甘さから勝ててる感じ。 カバルドン()• また、初手エースバーンで1匹もっていき、相手のに合わせて身代わりを打つことで、相手のターンを枯らす+猛火圏内への調整など柔軟に立ち回ることを意識した。 初手ックスを使用して結果を残すというのはこういう事である。

Next

【ポケモン剣盾シングルレートS5最終718位】ネットリル中低速サイクル

おわりに ようやく最終2桁で終わらせることができたのでこれからはこの結果をバネに積極的に最終上位を目指しにいきます。 パルシェン(殻を破る)()• 入りとかがキツいので対面構築適性がなんとなくありそうな特殊すいすい を裏エースとする。 ポットデス(殻を破る)• この構築においては最強のでした。 ダイマックスポケモン4匹を環境に合わせること、ダイマックスポケモン4匹のみれるポケモンの範囲を極力かぶらせないようにすること、を意識すればダイマックスポケモンのうちいづれかは相手構築にささっていることが多いと感じた。 選択理由はDM前提のなためDM時の威力を重視したのと、DMが終わった後もを打ったからこそ勝てた試合があったため。

Next

剣盾 S7 対面キッスバーン|huyuno|note

6位 に次ぐ重い。 2体目のポケモンの例としては下記のようなきあいのタスキ+バフによって2ターン目からは上からダイマックスポケモンを5割以上削るほどの超火力で殴れるポケモンが理想です。 汎用性高く強いからこそ王道ですから。 ネットを張っても張らなくても と相性のよいを考えた結果、最速トリル を思いつき採用。 ・・・命の珠などを持っているとダイジェットに後出しした後に、ダイバーンを耐えないためックスを に切って耐えるか、技を読んでサイクルを回して耐える必要がありました。 3% 確定1発ではないものの、かなり分がいい乱数です。 HDS…端数振りはやり得。

Next

剣盾ランクマッチシーズン3使用構築 多種展開スタンwith羊 (最終50位)

後発ックスもきり方によって異なる性質を持つということを忘れがちです。 身代わりを貫通してくるすりぬけドラパルト、ラスターカノンがあったら安全にバトンさせてくれない、呪いで妨害してくるとこの3匹にはめっぽう弱い。 。 技採用理由 大文字…火炎放射と選択。 実際のところ、催眠によって勝ちを拾えた試合は数知れず、ゲンガーの強さを再認識することになりました。 こちらは初手ックス+or+の選出をした。

Next

【剣盾シングルs6→7使用構築】 ドラパエルフミミ呪いリレー→呪い積みサイクル

ラストにエルフーンで1on1をできるような構築を作ろうと思いこの構築を作り始めた。 またエースは高火力であくびで止まらないようにした。 流行の水ロトムやカバルドンに強く、エースバーンを意識した相手の選出に刺さった。 撃たれたら外れることを願うか諦めてください。 そのために、この戦術を使いこなすためには• ミミッキュ(剣の舞)()• かえんほうしゃ:、、に。 カメックス(殻を破る)()• 最後の枠は龍舞珠ドラパルトを使っていたがいまいち刺さりどころがわからず欠伸ループを抜ける方法がない、呪いと一緒にいるがキツい、ピクシーやなどの高耐久フェアリーが重いと感じたので最終日直前にラムビルドエースバーンを投入した。 これらの後のプレイングは、パーティが異なればそれぞれへの対応も変化するが、先手でックスを切るにあたって必ず考えなければいけないポイントである。

Next

【シンプル戦法】初手ダイマックスとシンオウの氷雪|ポケモンパーティ構築|ポケモン徹底攻略

が重すぎるのと は受けたいのでそこを意識した を採用。 と違って仕事ができるできないがはっきりしてる。 もし何かご質問があれば、まで気軽にご連絡ください。 交換 この3つしか相手は選択できなくなる=先制技などの変化球を打てなくなるため、2体目のきあいのタスキで確実に耐えることができ、相手のダイマックスターンを枯らしつつバフをかけ、次のターンに非ダイマックス状態でダイマックスポケモンを倒せるのが強力です。 初手ックスは「最もリスクの少ないックス」【コラム】 剣盾発売当初から議論され続けており、今後も永遠に明確な解が出されないであろう「初手ックスは強いのか?」論争に関して自分なりの意見を述べてみたいと思います 結論から言うと、初手ックスは 強くはないが決して弱くないと考えます。 ピクシーやがいると出すことが多かった。

Next

【ポケモン初心者でも勝てる戦術解説】初手ダイマックス対面戦術【ポケモン剣盾】

ドラパルト:じゃくてんほけん• ックスが切れた後のケアが用意できている、あるいは勝ち筋が存在する。 上4体のダイマで荒らした後に滅びの歌を打つだけのポケモン。 との相性が良く、ドラパルトに対し積極的に後投げした。 しかし、軸で重いや+のサイクルが環境に増えたことで非常に戦いにくくなってしまった。 バンギラス()• ドラパルトでも勝てるといえば勝てるが、かなりの削られるため裏のとかの先制技の圏内に入りやすくあまりオススメしない。

Next

【ポケモン初心者でも勝てる戦術解説】初手ダイマックス対面戦術【ポケモン剣盾】

ラプラス()• 相手がで居座りを選択した場合は、次のターンはコットンガード読みで特殊アタッカーに交代されるとめんどくさいためとりあえず身代わり、交代された場合は身代わりを盾に宿り木の種を打って上に同じ。 ダイロック(砂嵐)• 選出誘導力がとても高く電気の一貫を切らせたり、ドラパダルマあたりの上から高打点を持つをめっちゃ誘うので選出を考えやすかった。 初手で不意打ち的にごっそり削ること、切り返しのダイマックスをきあいのタスキや化けの皮、超耐久などでいなすこと、3体目を確実に削り切ることが大切です。 基本的には散り際に打てるなら誰にでも何も考えずに打っていいのだが は例外。 と役割は同じ。 ですね。

Next