エクスマキナ 考察。 【ネタバレ感想・考察】映画『エクスマキナ』は意味を知ると面白い|MOVlog

【映画考察】人工知能vs人間の心理戦『エクス・マキナ』がおすすめ!

スポックには庭先の樹を選ぶことさえできないでしょう。 AIは自由に行動することができない? 人間となるためにどんな条件が必要でしょうか? 考え出したらキリがなさそうですが、中でも 重要なのは自由であることではないかと考えます。 なぜエヴァはそんな行動をとったのでしょうか? おそらく彼女は完全なる自由のため、孤独を選んだのでしょう。 人里離れた山間の別荘を訪ねると、女性型ロボットAIのエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)が姿を現す。 「地」と「図」が均質となったその絵画は「オール・オーヴァー」と呼ばれ、他の抽象表現主義の画家たち(ニューマン、ロスコら)とも共通している。

Next

【映画レビュー】エクス・マキナのあらすじ・レビュー【結末を解説】│縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ

そう、この出来事はエヴァの今後の人生の一端、単なる始まりでしかないことを意味しているのではないでしょうか?. 顔も、表情も、話し方も全てが完璧で、 ケイレブはエヴァをテストをしているつもりが、エヴァをだんだん人間として(?)魅力を感じ、恋心を抱くようになっていきます。 17 A. それでもAIとの愛を信じて、研究所のドアを開けるためにケイレブは研究所のコードをこっそり書き換えるのです。 いや、それ以上かも。 機械VS人間といえばターミネーターが有名ですよね。 ロックオンサイトが広いがロックオン距離が短い。 舞台は外界から閉ざされた山荘、登場人物はわずか数名。

Next

エクス・マキナのネタバレ考察|やっぱり人類滅亡の話 | キネマズ

ケイレブにしたら、閉じ込められた上に、好きな女性からフラれてしまい散々です。 このCEOの自宅が一般社会から隔絶された森の最中にあって、ヘリをチャーターして行かないと辿り着けないというトンデモナイ場所にあるのです。 この「自分がしていることを意識しているのか」は、作中ではとても重大な意味を持ちます。 きれいで繊細なアンドロイドと人間のSF映画が観たい人• 我々の開発中であるエクスマキナにもAIは搭載しているが、エネルギーの制御に機能の大半を割いたため、言語能力は排除した。 作中には「チェスを打っていても、AIが『今自分はチェスを打っている』と意識しているかどうかは分からない」という言葉が出てきます。 ケイレブは、コンピュータにあるビデオを観ると、歴代の女性AIが写っていた。 それまでエヴァはこれほどの笑顔を見せていません。

Next

映画『エクス・マキナ』AIと人間の境界線…ネタバレほぼ無し

神は6日間で天地と生物、そして神の姿を模した人間 アダム を創り、7日目に休息をとる。 それは「機械が合理的でない判断をするかもしれない」ということにつきるわけだが、たしかに彼らがそういうことをし始めたら、人間にとってはアイデンティティー喪失の危機である。 そんな貴重なものを自由にできるのは開発者(研究者)かパイロットですよね。 AIも遺伝子を残したいと思うのか? そう考えると、「AIも自分の遺伝子という名のプログラムを残したいと考えるのか?」 という疑問が浮かびます。 エヴァの思惑は…? プロトタイプの行く末を知ったケイレブは、エヴァに逃避行を持ちかけます。

Next

エクス・マキナ

ケイレブは施設にいた人工知能のエヴァを相手に「チューリング・テスト」を行うことになるのだが、あるとき、テスト中に停電が起こってしまう。 作品中でもあったが真面目で、家族がいない、恋人がいない、道徳心がある人間であれば誰でも良かったのである。 作中でいう神とは人工知能を作り出したネイサン。 そしてエンディングを迎えた先はそれがオーヴァルリンクを超えて世界へ解き放たれるということになるわけです。 全ての情報は検索エンジンに集まってくる 改めて検索エンジンというのはすごい技術だということを再認識した。

Next

エクスマキナ

より引用 予告編 3つの伏線 ラストシークエンスへと繋がる3つの大きな伏線が見事としか言えないんです。 論考の余地が多く、気に入った人の間でさえ解釈が分かれます。 夜10時、エヴァは停電を起こし、扉から出てネイサンを殺す。 というのも、このテスト自体がブラックボックス的な実験で、対話している者同士はお互いに姿を見ることが出来ませんし、対話中の受け答えで判断するものだからです。 その壁が取っ払われた時、先程述べた「鏡の世界」のように人間であるケイレブと人工知能であるエヴァの立場は逆になります。 面倒くさがり屋で、できるだけ敵の戦力を削いでから戦いたいというのが本音であり、アーセナルに妨害系の装備を積むことを好む。

Next

【ネタバレ感想・考察】映画『エクスマキナ』は意味を知ると面白い|MOVlog

ケイレブは穏やかならないものを抱えながら、六日目を迎えるのでした。 あと何年か経ち、AI研究が一段落しなければ、わからないでしょう(記事冒頭でおそらく2020年までに観るのが面白いと記したのは、そのためです)。 エヴァはうまく人間を理解し、自分をテストしに来たケイレブという人間がどんな人間で、どうすれば自分に従わせることができるかを考える。 あらすじと感想・考察。 人間はAI(人工知能)のウソを見破れませんが、AIは人間のウソを見抜きます。

Next

デモンエクスマキナ、ソロモンの正体と目的考察!(DAEMON X MACHINA)

「猿の惑星」では、猿が急激に知能を上げて檻から逃げ出し、人間を征服する。 知性が高いからエヴァの権利も保障すべきだと言うならば、知性レベルによってヒトの権利が拡大したり、失われたりしないのはなぜでしょう。 実は六日目の夜、ケイレブがすでに施設の解錠プログラムを書き換えていたのです。 ワールド・オブ・ライズ• まあ、ネイサンは物語の冒頭からキョウコは言葉も理解できないし、やっていることの意味も理解できていないってさんざん馬鹿にしくさっていたんですけどね。 しかし 映画で登場する別荘はログハウスみたいなゴツゴツした作りではなくて、すごく細やかで細部に気が使われているようなふうになっています。 エヴァはうまく人間を理解し、自分をテストしに来たケイレブという人間がどんな人間で、どうすれば自分に従わせることができるかを考える。 殺したといっても直接殺したのはイモータルであり、近くにクリムゾンロードがいる状態で見殺しにしてしまったのではないかと予想される。

Next