インスタストーリー メンション。 メンションはこうやって使う!5分で覚えるメンションの正しい使い方

インスタグラムの『メンション』とは?付ける方法やストーリーズ・投稿での使い方、通知の見え方など徹底解説

まとめ~メンションされたくない人がいることに注意してください メンションはある知人を別の知人に紹介するときに便利な機能です。 と元気よくタップすれば、鍵をはずし、あっさりと公開設定に戻すことができます。 使い方はとても簡単で、途中まではストーリーの投稿方法と全く同じです。 TwitterでもLINEでもこの使い方は同じです。 グループトークでは誰宛てのメッセージかが分かりにくいですが、メッセージ内に「 (アカウント名)」を加えることで相手を指定することができます。 写真を撮ってその場でインスタグラムにアップするときは、投稿する手順の中にキャプションを入力するタイミングが現れるので、そのとき「@ユーザー名」を文章の中に書いてください。

Next

メンション(Mentions)とは

ストーリーズの写真に文字を貼り付ける機能を使って、その文字に「@ユーザー名」を入力しても、やはり投稿画面からそのユーザーのプロフィールに移動することができます。 使い方はTwitterやLINEと同じで、メッセージに「 (ユーザー名)」を加えるだけです。 コミュニケーションが深まる メンションのメリットその1は、 コミュニケーションが深まることです。 自分が鍵垢で相手にフォローされていない場合は、ストーリーでタグ付けしても通知もDMも送られません。 あとストーリーでも「 〇〇」が付けられます。

Next

【Instagram】インスタストーリー「MENTIONS」(メンション)の使い方・通知について

・言及したユーザーにブロックされている ・言及したユーザーに自分のアカウントがミュートされている ・言及したユーザーがミュート設定した特定の単語・フレーズ・ユーザー名・絵文字・ハッシュタグなどがツイートに含まれている ・重複するツイートや自動投稿として判断され、クオリティフィルターにかかっている このように ユーザー名を表記したからといって、必ずしも相手に通知が届くわけではないので注意しましょう。 Instagramの「ストーリー」で、フィード上で見つけた他の人の投稿をシェアできるようになった(まずはAndroidアプリで)。 一方、メンションを使うと XXXXXさんにブログが面白かったと感想を伝えると同時に、フォロワー全員に XXXXXさんのブログが面白かったことを伝えられます。 「画面収録」や 「スクリーンショット」をせず、簡単にリポストできるのでオススメです。 SNSのオープンさに疲れてしまった時など、鍵アカにしてちんまり楽しむのもいいかもしれませんよ。 色を変更するには、画面を左右にスワイプさせるだけなので直感的に操作が可能。

Next

インスタの鍵アカウント(鍵垢)完全攻略!設定・解除・ストーリー・見る方法

ストーリーズは2つ3つ投稿して長く滞在させる• 友達の紹介で行ってみたカフェの写真をアップするときなどに「 友達 おいしかった~」とすることで、メンション機能を活かせるわけです。 フォロワー同士を引き合わせることができ、新しいつながりが生まれるのです。 他のアカウントから見るとこんな感じです。 それは次の4つです。 スタンプの 「@」の後に、タグ付けしたいユーザーネームを入力。

Next

インスタストーリーから「投稿をタップ(シェア)」通常投稿に飛べる様にする手順を解説

単純な操作なので、ぜひ覚えてしまいましょう。 そうするとタグ付けの候補が表示されるので、その中から選ぶか相手のユーザーネームを入力してアイコンをタップしてください。 画像のお金持ちに見えるような写真の数々は、他人からコピーした写真を加工していくらでも投稿できます。 コミュニケーションが深まる メンションのメリットその1は、 コミュニケーションが深まることです。 他にもこんなやり方があります!. まずは、インスタを起動してタグ付けされたユーザーから届いたDMを開きます。

Next

メンションはこうやって使う!5分で覚えるメンションの正しい使い方

以下の手順で一度ストーリーを削除し、先ほどと同じ手順でもう一度ストーリーを投稿してください。 まとめ インスタストーリーでは、 とても簡単にタグ付けできると分かりました。 カモりやすい人のリスト だと考えられます。 公開設定の人にしたいいね&コメント 自分が鍵アカにしていても、鍵をかけていない人に対して行った「いいね」や書き込んだコメントは、フォロー外の人にも見ることができます。 フィルター 撮影した写真や動画にフィルターをかけることができる。 一番下の [設定 ]をタップします。 メンションは右上の顔マークより行います。

Next