郡山 防災 ウェブ サイト。 救命講習会|郡山地方広域消防組合

特別定額給付金の申請受付について[福島県 06/03 18:49] 郡山市防災メールマガジン

このシステムでは、Web地図上の任意の地点にマウスのカーソルを移動し、右ボタンをクリックするだけでその地点の標高値を知ることができます。 一般救急法講習のご案内 救命講習のほかに、事業所や学校などへ職員が出向き、短時間(3時間以内)で講習を行う「一般救急法講習」も行っています。 2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 city. 応急手当web講習【e-ラーニング】 インターネットを利用した応急手当の講習で、応急手当の基礎的な知識が学べます。 PC・タブレット・スマートフォンから受講でき、修了テストで80%以上正解すると修了証が発行されます。 (テキストを配布しますので、申込書は持参してください。

Next

ハザードマップポータルサイト

添付資料• 10月以降の実施につきましては、今後の動向を確認しながらウェブサイト等でお知らせいたします。 上級救命講習を受講される方は、昼食をご用意ください。 国土地理院は、地形図に表示されている基準点や標高点の数値、等高線の間隔から標高値を読み取る技術がなくても、任意の地点の標高値を簡単に知ることができるWebシステムを試験公開します。 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 テキストと筆記用具を持参し、10分前までに会場にお越しください。

Next

ハザードマップポータルサイト

津波や水害対策のための基礎情報として活用いただけます。 2018年10月23日 重ねるハザードマップから地理院地図に掲載されている指定緊急避難場所が確認できるようになりました。 飲み物(ペットボトル・水筒)等持込み可能です。 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 受講できなくなった場合には、速やかに申し込みをした消防署へご連絡ください。 救命講習会では、心肺蘇生やAEDの取扱いなどについて学べ、万が一に備えた知識や技術を習得することができます。

Next

ハザードマップポータルサイト

洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(12県)を追加しました。 2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 36%) (3)振込件数(6月3日現在) 〇日次給付8,353件(19億4,740万円) 〇累計給付23,514件(57億2,070万円)(進捗率:18. 実技講習がありますので、動きやすい服装でお越しください。 申込方法 講習会の日程から希望の受講日を確認し、郡山消防署会場の講習会は、郡山消防署救急係へ、田村消防署会場の講習会は、田村消防署救急係へ電話での申し込みをお願いします。 国土地理院のホームページで、任意の地点の標高値を簡単に知ることができるWebシステムを試験公開します。 。 郡山消防署会場で受講する場合は、車での来場はご遠慮ください。

Next

標高がわかるWeb地図を試験公開

郡山消防署 救急係 024-923-1477 田村消防署 救急係 0247-82-1200 申込用紙 団体用申込用紙// 個人用申込用紙// 救命講習会の日程 【令和2年度】 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 令和2年9月30日までの普通救命講習を 中止とさせていただきます。 電話での申し込みの後、下記の申込書に必要事項を記入し、申し込みをした消防署へ提出してください。 さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 突然のけがや病気で呼吸や心臓がとまってしまったとき、命を救うためには、救急隊が到着するまでの「あなた」の応急手当が大切です。 koriyama. 2019年6月10日 ため池決壊による浸水想定区域の公開を開始しました。 受講を希望される方は、最寄りの消防署・分署等へお問合せください。 併せて、事業所や学校等へ職員が出向き、短時間で講習を行う 一般救急法講習も同様に 中止とさせていただきます。

Next

標高がわかるWeb地図を試験公開

ご自由にご活用ください。 このシステムは、以下のURLでご覧いただけます。 なお、このシステムで表示される標高値には、元となる標高データの精度や計算方法による誤差が含まれていますので、そのことを十分にご理解の上注意してご利用くださるようお願いいたします。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日 本サイトのバナーはです。

Next

特別定額給付金の申請受付について[福島県 06/03 18:49] 郡山市防災メールマガジン

様 【特別定額給付金の処理状況等(速報値)】 (1)申請件数(6月2日現在)125,056件 (2)審査完了件数(6月2日現在)47,972件(進捗率:38. 2019年5月27日 津波浸水想定の凡例を洪水浸水想定区域(想定最大規模)の凡例と統一し、よりわかりやすくなりました。 なお、令和2年9月6日(日曜日)に開催予定であった上級救命講習は、令和3年2月14日(日曜日)に延期して開催する予定です。 このシステムの活用により、津波災害に備えた避難場所の選定、水害時における氾濫地域や水没危険箇所の予測などに役立つ基礎的な情報が容易に得られ、公共機関における防災計画の策定や見直し、ハザードマップの作製や見直しへの活用だけでなく、個人における防災意識の向上に繋がっていくことが期待されます。 。 。 。 。

Next