暗部 カカシ。 カカシ暗部篇-その弐- « ぴえろ公式ブログ

カカシ暗部篇 ~闇を生きる忍~

実際写輪眼を使用した後に数日間寝込んでいる描写があり、設定染みた頻度で病院に入院した。 これが僕がカカシがで最も悲しいキャターだと思う理由です。 戦では戦闘型である修羅道を撃破するも、ペイン六道の中でも圧倒な力をもつの前に苦戦。 css,11PIM2x8KnL. だとしたら雲井のやり方は正解だ。 激闘の末にオビトを敗北に追い込んだ後、止めを刺そうとするが、ナルトとミナトの仲裁によって断念し、オビトとの和解を選んだ。 さて、そんなカカシですが第四次忍界大戦が終わって1年ほどが経過してから、火影に就任しました。

Next

【ナルト】カカシの素顔がついに判明!顔が明かされた経緯まとめ

主な性質変化は「雷」と「水」と「土」だが、その他の性質の術も写輪眼でコピーしているため使用可能。 とはいえ暗殺に失敗し試みがバレてしまった際は戦闘になったり逃亡したりする必要もあるため基礎能力が高いに越したことはない。 第二部 と万華鏡写輪眼に宿る固有の術の一つ「神威」を本編で初使用。 イルカの妙な頑なさの原因は絶対これだ。 「好きな相手だ。 により復活した波の国で一度戦った元のと再び戦い、その際に彼の愛刀である 断刀・首切り包丁を譲り受け以降の戦いでしばらく使用していた。

Next

恋の傷痕 カカシ編

では、カカシが最も幸せだったころはいつか。 よろしくね、と言うと「真面目な先生なんだから……あんまり無茶しないでやってよ」と懇願されたが、カカシは曖昧に笑って答えなかった。 どうやら暗示や幻術の類が得意な田神が内勤の忍に、本人も知らないうちに情報を漏らす術をかけているらしい。 js,012FVc3131L. ただしするのはさすがに恥ずかしい模様。 「月の大きさ」OPのカブト戦で弟の前に出て剣を構える兄さんが綺麗格好いい。

Next

恋の傷痕 カカシ編

どうせ適わない恋なら、消えることのない傷を。 くの一に薬を手渡し、これを飲み会でイルカに飲ませてくれと言うと、くの一は眉をひそめたが結局溜息一つで引き受けた。 あれは暗部の忍であるということの証です。 二人は同じ元暗部ですが、サイはナルトに出会うことができました。 イタチ兄さん、本当に天才だったんだなってより実感しました。

Next

「カカシ暗部篇」感想

一方カカシは、仲間が死んだのは忍界大戦のため、九尾のせい。 数多くの術を会得し、その中には師である四代目火影・波風ミナトのオリジナル忍術【螺旋丸】も含まれるが、ミナトが目指す「形態変化と性質変化の融合」を完成させることはできなかった。 強制でもいい、イルカを側に置きたい。 「それにしてもさ、オレ、この人に何度も嫌いって言われてるんだけど、どうしてだろ。 このページの目次 OPEN• 後年、この洞察眼を失うものの、コピーをして習得した技は失われていない。 一度死のうと決めてしまったら、彼は迷わず死ぬでしょう。

Next

カカシ暗部篇-その壱- « ぴえろ公式ブログ

コミックス第35巻 第314話-第36巻 第331話• 彼自身を救ったのはやはりカカシであって、彼の存在は大きいんでしょうね。 自分のように大切な人を失くす子をこれ以上増やしたくないというカカシ自身の願いでもあったと思います。 暗部篇の最後にも、割り切れてる訳ではなく、思い出すに本編の最後になってもそうだった。 「ああ、田神の一派に潜りこんでるあいつか。 分かっているのに生きていかねばならないからです。 ナルトの言い分、オビトの言い分ってどちらも間違っていない気がしてならないんですよね。 それが問題視され会議が開かれ、綱手には里のトップとしての座を降りてもらうことが決定。

Next

卯月夕顔

誕生日:• 昼間の真面目で清潔なイルカと、あの時のイルカのギャップは凄い。 ヤマトとしてはカカシを「先輩」として尊敬している部分が見えますので私は凄くそう感じました。 皆さん待ってた。 せめて綺麗に振るとか振られるとか、そうして欲しかった。 ところが予想は裏切られた。 (一体どうしたもんかね……) 「おい、カカシ。 綱手が戦争の責任を取って引退(ご隠居生活をしたいとの願いもあった)し、カカシが前述の経緯で火影に就任。

Next

はたけカカシ

アニメ疾風伝ではこれがトラウマになり、任務に集中できなかったが、火影に就任したばかりのミナトの手で暗部に任命されたと描写されている。 忍連合軍が合流しネジが戦死した後、ナルトから再度九尾のチャクラを与えられてオビトたちと交戦し続ける。 その時ふと、カカシは雲井キリトの名を呼んでいたイルカの必死な様子を思い出した。 コミックス第13巻 第117話。 職務上同席はするが、直接こいつがお前を尋問するわけではない。 未来への希望が無い点においてはネジも一緒です。

Next