グウィン ドリン エルドリッチ。 王家の家系図

【ダークソウルⅢキャラ考察】神喰らいのエルドリッチとその周辺について

ホレイスは「暗月の剣」なのだ。 そこで、稀に目にする エルドリッチとロザリアは夫婦説 を取り入れてみようと思います。 また、 グウィネヴィアの娘の可能性が高いキャターは、他に生まれ変わりの母ロザリアがいます。 アンリはロンドールに洗脳されている様子を見せたり、ホレイス至上主義だったり、不規則な行動が多く "読めない" キャターの一人です。 人品など関係ない。

Next

王家の家系図

またヨルシカを殺さず幽閉し、彼女が慕うグウィンドリンが死んだことを伝えていない。 赤線は公式で確定しているということを表しています。 実はまだクリアしていない…。 王妃の実子です。 今回は『』シリーズの王家に関する考察になります。 続きまして、旧王家に関わる白竜といえば、DARK SOULS3にて新たな白竜要素のあるキャターが登場しましたね。 「罪」である炎のような野心と、そんな自分をも冷静に裁く暗い月のような本質。

Next

王家の家系図

また、ガッツリ「 母であり妻であったグウィネヴィアは」なんて書かれちゃってますから、 ロザリアはグウィネヴィアの娘説が浮上するのは至極当然のことなのです。 エルドリッチとグウィンドリンは、故郷が同じなのだ。 口上だということを示しているわけです。 通読お疲れ様です!! 6000字超えです。 とても古い、幻の都…」 (アストラのアンリ) この二人の話を総合すると、 エルドリッチは元々、冷たい谷のイルシール出身の聖職者だった。 。 しかし、「 後に 」という言葉や、シースが神族の嫌う竜であることなどから、 正妻ではない可能性が高いです。

Next

【ダークソウルⅢキャラ考察】神喰らいのエルドリッチとその周辺について

またグウィンドリンは「男子であるのに女性として育てられた」という元々が二面性がある存在だ。 グウィンドリンの暗月の矢を放つ。 「小さな人形」の説明文は非常に情緒的で、サリヴァーンがエルドリッチに個人的な情けのようなものをかけていたようにも受け取れる。 サリヴァーンは深みの聖堂の大主教マグダネルやロイスとグルになって、エルドリッチに人喰らいをさせた。 さて、ではどうなるのか、というと。 アンリとはぐれてから事情が変わった、というのが妥当な考え方の気がする。

Next

神喰らいのエルドリッチ

でもそうするとどうしてそんな私生児をグウィンは妾に迎えたのかわからなくなりますよね。 (だが、そうはいかぬ)" と言っているので、は男の子です。 暗月の剣は、古く青教との約定を結んでおり、青教の誓約者が闇霊の侵入に苦しむとき、暗月の剣として助け、闇霊を狩る使命がある」(暗月の剣の誓約) 「青の守護者」と「暗月の剣」は、非常に関係が深い。 エルドリッチは深海の時代を来させぬために、人喰らいを始める。 まずは、なぜエルドリッチは人喰いをするようになったのか? ホークウッドの言葉からは、狂気に陥って人喰いを始めたエルドリッチを、周りの人たちが聖堂に閉じ込めた、という風に読める。 「罪の大剣」の説明文から、これらの行動の動機は個人的な野心からでは、と受け取れる。

Next

神喰らいのエルドリッチ

二人はほとんど同じ存在であるが「神であるグウィンドリンが食べられ(消失し)」「人間であり澱みであるエルドリッチが食べた(残った)」と考えてもいいのではないか。 「神喰らい」の名前からしてグウィンドリンを喰らったのだろう。 2発来るので1発目が当たったからといってなにもしないでいると2発目も連続で当たる。 長くなりますがお付き合い宜しくお願い致します。 というのも アイテム欄の説明と、登場人物たちのセリフとでは、エルドリッチの印象が大きく異なるからだ。 当たれば痛いが、敵のエイミングも甘い為、斜めにダッシュしながら懐に飛び込める。

Next