御高配 意味。 「ご高配」の読み方、意味、使い方!「ご配慮」とは?類語や英語表現も紹介

「ご愛顧」を使ってはいけない相手は?意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#15】

仕入先・得意先の立場に限らず、お世話になっている取引先全般に対して使うことができます。 しかし、そのようなシチュエーションはなかなか想像しづらいと思います。 お心遣い・お気遣い いずれも柔らかい表現であることから、「ご高配」に比べて相手との距離感が近く、身近な人からの心遣いや気遣いに対して感謝する際に用います。 思い遣り 「思い遣り」とは、「他人の身の上や心情に心を配ることや、その気持ち」「同情」などの意味があります。 医療機関から別の医療機関への「紹介」とは、自院の患者様の引き継ぎをお願いすることですから、多少定型文化していることは否めないものの、 紹介する医師が「患者様にとってベストな選択を」という魂の叫びを、文章で表しているのかもしれません。 ですから、このように「ご高配をお願いします」といった使い方は誤用ではないかと考える方もいるようです。

Next

「ご高配」の意味と使い方!「ご配慮」との違いや例文も解説

目上の人というのは、もしも自分が学生であれば先生にあたりますし、また社会人であれば自分よりも立場が上の人、すなわち上司を指します。 ただ 「ご高配賜ります」という文章は、かなりへりくだった言い回しになるので、少し行き過ぎた感じがする場合は、 「ご高配下さりまして」といったような柔からさを残した表現にすると、受け止め方も少し軽く感じることになります。 旧年中は大変なご高配を賜り、誠にありがとうございました。 「頂く」や「賜る」といった動詞を後に続けて使いましょう。 例文1:「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 この度私は3月末を持って弊社取締役を退任する運びとなりました。

Next

ご高配の意味と読み方とは

「特別に配慮していただいて」「可愛がっていただいて」という意味ですので、自分から相手へ何かをするときには使えず、相手の方からの心配りに感謝するときに使います。 「ご高配」の読み方 「ごこうはい」と読みますが、よくある読み間違いに「ごこうばい」があるのでご注意ください。 お決まりの文句だからと、なんとなく使ってしまっていませんか? ビジネスメールの用語は正しい使い方を把握しておかないと、相手に失礼な印象や思わぬ誤解を与えてしまう危険性があります。 これは挨拶の慣用句ですので、目上の人や、社外のビジネスパートナー(お客様や、そのほかの取引先)にこのまま使っていただいて問題ありません。 ただし、相手が上司であっても、普段からくだけた言葉遣いをしても許されるような自由な社風であれば「ご高配」は少し堅苦し過ぎるかもしれません。

Next

「ご高配」の意味と使い方!「ご配慮」との違いや例文も解説

口頭で使えないことはありませんが、やや堅苦しい印象を相手に持たせてしまうことがありますので注意しましょう。 」というのもおかしくはありませんが、「お引き立て」や「ご愛顧」を使った方がよりスマートです。 しかし、「ご高配」の場合にはあくまでも目上の人に対して使うのに対し、「ご配慮」は同僚に対しても用いることが出来ます。 もしもあなたが上司にサポートをしてもらった時や、日頃から何かと助けてもらうことが多ければ、例えば忘年会や新年会などの機会に、「いつもご高配をいただきまして、ありがとうございます。 ご依頼いただきました資料についてFAXをお届け致します。 お子様の手の届くところには保管なさらないようにご配慮いただきますようお願いいたします。 そのため、特に精神的に支えてくれた目上の人に対し、感謝の気持ちを示したい場合に用います。

Next

一方ならぬ /文例・敬語の使い方・意味

「ご高配」では仰々しくなってしまう場合や、同僚・部下の心配りに感謝する際は「ご配慮」を使うといいでしょう。 '' 「お世話になっております。 「ご高配」の例文2 「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」 この文も、取引先への手紙やメールの文頭に使われている言葉としては、ポピュラーな表現です。 ご深慮 深い思慮• これに敬語の「ご」をつけて「ご配慮」となりますが、メールや手紙で書く際には漢字で「御配慮」と書くことが多いです。 そこで今回は、「ご高配」という言葉をテーマにして、意味や使い方、読み方や例文、類語などを考察・ご紹介していきます。

Next

使ってはいけない場面は?「ご高配」の意味と使い方を解説【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#19】

「使い方」の項目でも書いたように、初めてのお問い合わせをいただいたお客様や、新規のビジネスパートナーに見積もり依頼をする際には、「ご高配」は使いません。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」 この例文は、上司のように目上の相手に対してはもちろん、取引先の会社や、会社から顧客へのメールや手紙を送る際にも多く用いられています。 「ご高配」の使用上の注意は3つありますので、気を付けつつお使いください。 そのため同僚や部下など、自分より目上の人ではない相手に対して使うのは不自然です。 以下に「ご高配」について解説していきます。 「ご高配ください」という言い回しを使用した表現としては、以下の例文のような言い回しができる可能性があると言えそうです。

Next

「ご高配」「ご配慮」の意味と使い方!目上の人や上司に使う時は?【類語・例文つき】|語彙力.com

日ごろから自社の商品やサービスを利用している相手に対して使います。 「ご厚誼」は「非常に親しい間柄」の意味 「ご厚誼」(ごこうぎ)という言葉は、「非常に親しい付き合い」を意味し、目上の人に対しても使うことができる言葉です。 上司に使う例文としては、「ご高配を賜り、厚くお礼を申し上げます」のように感謝の意味に使った方がよいでしょう。 上記のような意味を持つ「深慮」を丁寧にした言葉が、「ご深慮」だと予想できます。 1 あれこれと気を配ること。 そして、この「ご高配」にはいくかの類語があります。

Next