俺ガイル ss 八幡 壊れる。 SSまとめ : 八幡「一夜を過ごした」

#1 壊れた八幡一話

喉が壊れるほどの絶叫が発せられる。 てか、あれが俺の知り合いなのか......... 元あった状態に戻してるだけだ」 葉山「リセット……だと」 八幡「ああ、そうだ。 雪ノ下end確定かは、まだ分かりません。 君なら僕と…… 」 八幡「ところで葉山はなんて言って告白してきたんだ?」 戸塚「えっと、文化祭の時から気になり初めて、もう気持ちを押えられないから付き合ってくれって」 八幡「文化祭って、確か葉山と演劇やってたな 海老名にも責任があるな 」 戸塚「うん。 」 雪乃「もう絶対に自分を傷付けないと約束して。

Next

俺ガイル12巻の質問

それで壊れてしまうのなら、それまでのものでしかない……。 事前に伝えたい事を手話に変換するだけなら一週間で十分だ。 ああ、俺は醜いな。 俺は西宮に大切な、一人じゃないことを分かる場所を分けてあげたかった。 ほれにな、小町」 八幡「人間、時には頑張り過ぎないことも大切なんだ……」 小町「少なくともお兄ちゃんが人間関係で頑張ってるところ小町ここ数年見たことがないんだけど……」 17: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 128• 」 結衣「うん!」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 八幡 いきなり記憶喪失だと説明され、本当は高校生だなんて言われても実感わかねえよ.......... 我々としても無駄な血など流したくはない」 八幡「我々の要求を呑め。 一応、矛盾はないと思います。

Next

もし比企谷八幡が記憶を失ったら

雪ノ下の問題は、雪ノ下自身が解決すべきだ」 と答えています。 」 「それで・・・そこの人は?」 俺はこの少女を知っている。 確かにあなたはそんな人だった、けど」 雪ノ下「良いところ……と言っていいのか悩むけれど、上っ面だけ見ていた人には分からないところもあったわ」 84: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 私は仕事に戻る」 平塚「比企谷、もう自分から……傷つく必要は無いからな……」ボソッ ピシャ 八幡「……」 雪乃「……何の用かしら?あなたは……私達のことが……嫌いだったのでしょう」 八幡「ああ、確かに嫌な時は沢山あったな。 比企谷にも可愛いところがあるんだな。 結衣「あの…ヒッキー、ごめんね。 任せろ』 西宮『ありがとう』ニコッ• 」 雪ノ下「そうね..........。

Next

八幡「虐められるのは俺だけでいい」

それに対して比企谷は、理性と感情の板挟みに遭うからこそ黙ってしまう。 でもヒッキーだけは渡せない・・・ 」 雪乃「さんちょっとこれから買い物に付き合ってくれるかしら。 私も少し……いえ、冷静じゃなかったわ。 痛みという恐怖。 わかるものだとばかり、そう思っていたのは果たして誰だったのか。 もう志望校とか決めてるしなぁ。

Next

SSまとめ : 八幡「一夜を過ごした」

先輩は私を生徒会長にしたんですから、責任とってもらってるんです、せ・き・に・ん!」 八幡「なんで、そこの部分強調するんだ?」 いろは「さあ?なんででしょう?」 雪乃「とにかく比企谷君を借りる時は、部長の私の許可をとってからにして」 八幡「俺の自由はないんですかね」 雪乃「ないわ」 八幡「即答ですか…」 いろは「どうしてですか~?まるで、雪ノ下先輩の物って言ってるみたいに聞こえます」 雪乃「そ、そうじゃないわ……ただ…この男は部活の物だからよ。 やはり貴方は更正が必要なようね」 八幡「別にどこもふざけてはいないんですけどね..........。 」 俺も由比ヶ浜や西宮が悪く言われることに苛立ちを感じた。 何だかんだあの人といる時が素に近いからな。 まだ放課後になってから時間は短いのにも関わらずだ」 八幡「別に、何も無いですよ……」 平塚「嘘をつ……」 八幡「ああ、そうだ。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する 著者情報 ヤンデル男• あはははは…大したことじゃないよね…」 雪乃「比企谷君」 八幡「な、なんだよ…」 雪乃「そういえば、あなたの連絡先知らないわね」 八幡「そ、そうだったな…そういえば…」 雪乃「ぶ、部活で必要になるときもあるし…こ、交換しましょうか…」 八幡「い、今かよ…?」 雪乃「え、ええ…そうね」 八幡「……」チラ いろは「……」ジト〜 八幡(うっわ!メッチャにらんでるよいろはす!) ピッ ピッ ピッ 雪乃「はい、これで終了ね」 八幡「ああ、サンキュ」 いろは「……」 結衣「ゆきのん…」 雪乃「今日はここまでで、解散にしましょうか」 結衣「あ、う、うん。

Next

俺ガイル12巻の質問

204• 」 八幡「俺がこれからすることは、彼女の為であり、俺の為でもあるので。 なに買うか見にいきましょう!」 八幡「へいへい」 いろは「先輩が悪いんですからね、しっかり付き合ってもらいますよ!」 八幡「わかってるっての」 いろは「でも、三浦先輩にクッキーあげて、雪ノ下先輩と結衣先輩にはケーキっていうことはそこで差をつけてたんですね」 八幡「まあ、あの二人は奉仕部だし、世話になってたしなずっと…」 いろは「本物がほしい二人ですもんね」 八幡「やめろ」 いろは「じゃあ、私にはもっといい物じゃないと駄目ですからね」 八幡「へいへい」 いろは「先輩自信っていうのもありますけど…」 八幡「何言い出すんだよ…」 いろは「冗談ですよ、それに付き合ってるんですからそれはもう手に入ってます」 いろは「だったら、なにか別の物じゃないと!」 八幡(金がマジで底をつきそうだな……) いろは「じゃあ行きましょう、先輩!」 終 元スレ 八幡「一夜を過ごした」 八幡「一色とのラブラブ学園生活?」 sspark. ?」 雪ノ下「覚えてない? 貴方は私たちを庇ってトラックに跳ねられたのよ?」 結衣「それからずっと二人で名前を呼び続けて.......... これは正義感や善意ともみなせるし、過保護やお節介であるともみなせる。 その雑誌って……」 八幡「え……あ、ああ……」(しまった…) いろは「へえ〜〜〜なるほど…」ニヘラ〜 八幡「……なんだよ」 いろは「いえいえ、なんでもありません!」 八幡「………」 いろは「じゃあ、座りますね」ガタガタ 八幡(なんで俺のすぐ隣に陣取るんだよ…もうちょっと左だっただろ今まで…) 結衣「あはは、もうすっかり4人になっちゃったね。 それでも足音は止まることなく、一定のリズムを刻む時計のように、一歩一歩近づいてくる。 ただ利用できるものは何でも利用するタイプなんでね」 雪ノ下「……私を殺さないつもり?」 八幡「俺がそこまで甘く見えるか?」 雪ノ下「さぁ。 まさかあんなに酷いことになっているだなんて思ってもいなかった。 幸い目立ってないから真面目な生徒として次からは・・・で終わるはずだ。

Next