それじゃ君にとって僕はなに。 Official髭男dism Pretender 歌詞

君を好きでいるために、君との時間からかけがえのない”なにか”を探す僕の心情が描かれた曲「HOME」

別に君から愛してもらえないとしても僕が君を嫌いになる理由にはならないはずだろ。 ゆえに呪文も儀式もそして特定の名称も必要ない。 安心して下さい」 気付くと目の前に居る看護師さんが、別の人に代わってた。 僕がいったこと。 これはつまり、彼らの「未来」は、真っ暗な途方に暮れてしまうものじゃない、輝きに満ちた明るいものなのだ。

Next

それが君の特別な日なのだとして

そうでないととてもじゃないけど、こんなの…。 俺が知るわけないだろう?ただ、あきらめた時点でそれはもう終わりってことぐらいさ、俺にわかるのはな。 コイツは絶対、誰かに喋りたかったのに違いない。 思わず笑顔がこぼれてしまうこともある。 俺自身が聞きたいよ、それは。

Next

バカとテストと召喚獣~すべてを知った僕となにも知らない君~

貴方が何でもない日だって言ってくれなきゃ、ただの1日だって言ってくれなきゃ 悟浄。 僕もがんばんなくちゃだめだよね? 「さあ、後少しでフォラスを抜けるよ。 そんな気付きが、「サヨナラは通過点」という言葉の解釈を押し進める。 妖精の見えるリディアを「うらやましい」と言った、初めての男の子。 アスカちゃんが心配してるぞっ!早く戻ってこい。 「君」とは誰?それはもちろん、 こうして手に入れた、「僕」が「君」へ贈ったエール、というキーワード。 だって、あれだけ叫んだんだ。

Next

君の「死にたい」は、ホンモノ? それとも、|相地|note

」 「だからだよ。 頭の中で響いてる。 まあ総括していうと、短髪黒髪うぉぬくんに軽率に落ちてしまって胸がどきどきしてるので処方箋ください。 」 ぎりぎりの死闘だった無理もないことだとおもっていた。 「ふふっ、愛しい人を蹂躙するのも愛の形なのさ。

Next

バカとテストと召喚獣~すべてを知った僕となにも知らない君~

』 シンジはかつて自分がそんなことを考えていたのを思い出した。 断言しよう。 ここでは、そのように結論付けたい。 」 「よかった寝ているだけだ………。 これ、実は「僕」が途中で(無自覚に)気付いている。 と でも、頭では分かってはいても一方通行の想いはやっぱりいやで寂しさからひどい言葉を言ってしまい「 君を傷つけていっぱい泣かせて」しまうんですよ。

Next

それが君の特別な日なのだとして

」 「渋谷・・・僕のことは三番目なんだね」 「いや・・・その・・・」 ちょっと虐めすぎたかな。 ・・・ジェット、と?」 「ああ、違う違う。 ご飯ぐらいはおごるわ。 」 ……そう来たかっ!? アスカ様!! 」 加持の言いたいことは視線がかたっていた。 」 「いないわ。 」 同族?こんなのがレイと同族? 「違う!おまえとレイをいっしょにするな!」 「違う?いや、同じさ。

Next