スプラ トゥーン の エロ 漫画。 Splatoon (漫画)

Splatoon (漫画)

実際の声は野太く、ボーイの時のゲソ型は坊主頭。 エギングJr(ジュニア) スター選手の息子として知られるイカ。 使用ブキはクラッシュブラスター。 ガチマッチ編ではフクが変更されており、ブルーペラチームとして参加。 基本的に他の登場人物を「くん」「ちゃん」付けで呼ぶが、ライダーなどのライバルは呼び捨てである。 ソシナアシメ 使用ブキはH3リールガン。

Next

Splatoon (漫画)

勝負の切り札や相手チームへの決定打、相手のリーダーとの一騎打ちの際にスーパーショットを使うことが多く、第3話でサファリハット 実際は変装したアロハ に避けられた以外、作中では必中というコントロールも持っている。 その時にエンペラーから「お前のトレンドは見た目だけ」と言われるも、見た目だけでもここまで強くなれたと立ち直っている。 ロブ ハイカラスクエアの「ロブズ・10・プラー」の店長。 ヴィンテージとは幼馴染みらしい。 全員綺麗好きで、やられることを汚されるとして認識している。 内向的な性格の持ち主で、優秀な兄にコンプレックスを抱いていることもあり、引っ込み思案な一面を持つ。

Next

Splatoon (漫画)

ハイカラスクエア編(3巻 - 6巻) 常にトレンドを追い求めるイカ、 グローブに連れられハイカラシティの近くの町 ハイカラスクエアにたどり着いたゴーグルたち。 妹や弟の見ていない所でこっそりと射撃の練習をしているとのこと。 はぐれイカチーム [ ] 能天気なイカに嫌気がさし、真面目に生きるはぐれ者チーム。 この節のが望まれています。 使用ブキは主にホクサイ。 パープルチーム [ ] スカルは定位置から動かず敵のキルに専念し、他の3人が陣地を広げる戦法を得意とする。

Next

Splatoon (漫画)

また、エンペラーは修行のため、マスクは新作のゲーム代を稼ぐためにバイトに参加する。 スカルの幼馴染みで、かつてヴィンテージやオメガとは同じチームだった。 2回目はアルバイトをしていたエンペラーが火力を間違え、屋台が爆発した。 使用ブキはスプラマニューバー。 S4の中でも最強のイカでもある。 プリンツ、エギングJr、エンペーサー、ノーレースで組まれたチームである。

Next

Splatoon (漫画)

二人はタコ軍団の妨害も切り抜け、ついにタコ軍団のボス、 DJタコワサ将軍と対戦することに。 通称BB(ブラスターブラザーズ)。 プリンツ エンペラーの弟。 ストラップ 使用ブキはスプラローラー。 1人を除いて全員のおでこに「はぐれ」と書かれているのが特徴。 自他ともに認めるツッコミ役で、チームの中ではまともな存在だが、しょっちゅう体を張ったボケに巻き込まれたりしている。 ブルーチームと共にナワバリバトルをし、黄金のスプラシューターを手に入れた。

Next

Splatoon (漫画)

エフテン 使用ブキはラピッドブラスター。 ブルーチームは、 ブルーペラチームとして(メガネが虫におそわれたため、エンペラーが加入)、戦いに挑む。 自身が使用しているブキ以外のものも性能を試すため練習しているため、単行本2巻第8話「特訓」で3Kスコープを使いブルーチーム相手に練習試合をした。 当初は他の三人を「トルネード要員」と吐き捨てたり、「バトルは強い奴が一人いれば勝てる」と発言するなど、傲慢な態度が目立ったが、ブルーチームに敗北して以来考えを改めた様子。 しかし、「4つのアレ」を揃えたものは「ミキサー」になっていて、「しゃべるデンワ」にネリモノに変えられそうになるが、ヒメ、イイダが呼んでいたライダーが駆けつけてピンチを乗り越える。 決勝戦へ進出する。 この節のが望まれています。

Next

Splatoon (漫画)

準決勝第二試合でブルーペラチームはS4チームと対戦し勝利。 メンバーの中で唯一、おでこに「はぐれ」ではなく「はずれ」と書いてある。 マルベッコー 使用ブキはノヴァブラスター。 作品内では愛称的な意味を含め「シンペラーチーム」とも呼ばれる。 ゴーグル達は別の施設の最上階で意識を乗っ取られたライダーと出会う。

Next