僕 は この 目 で 嘘 を つく。 僕はこの瞳で嘘をつく/チャゲ&飛鳥の歌詞

059:僕はこの目で嘘をつく(odai:48)

だが、それよりも驚嘆すべきなのは、「僕はこの瞳で嘘をつく」が「SAY YES」とはあまりにも異なる楽曲という点である。 不審げな顔をされると思ったが、違っていた。 ざわざわとした感触。 2@Zepp DiverCity M5:HANABI 2019. 瑞樹は、「最後の日」の近づいてくる足音を、確かに聞いていた。 その笑顔に、少し後ろめたさを感じた。

Next

僕はこの瞳で嘘をつく CHAGE&ASKA 歌詞情報

恋人は既に浮気相手の存在を悟りかけている。 今の仕事にも就いてなかったと思うし、離婚も経験しなかったと思う。 憤りは極限まで体を縛り付けていたが、頭の一部が、妙にクリアに冷め切っていた。 母は、会社から帰ってきたままのスーツ姿だった。 16 スキマスイッチ THE PLAYLIST vol. 登場人物は、主人公の"僕"、恋人の"君"、そして僕の浮気相手である"あの娘"。 俺さえ決断すれば、全部滅茶苦茶に壊してやる事も可能だった。

Next

僕はこの瞳で嘘をつく CHAGE&ASKA 歌詞情報

「サラダは?」 「まだ作ってない」 「なら、俺やるよ」 「あ、それよりお兄ちゃん、そこの袋、開けてみて」 炊事の手を止めずに海晴がそう告げた。 少し傷ついたような、ショックを受けたような顔をしている。 それは、ライブでも彼らのパフォーマンスでも、ASKAの片手倒立や2人が至近距離で機材に片足を乗せて並んで歌うパフォーマンスにも表れていた。 どんなに君の瞳が僕を疑っても 僕はこの瞳で嘘をつく とは言え、彼はこの手のことに熟れているタイプの男なのかというとそういう訳でもないようだ。 CHAGE&ASKAは、通常なら「SAY YES」の二番煎じとなる楽曲を発表しがちなところで、あえて「SAY YES」でついたCHAGE&ASKAのイメージを次のシングルで自らぶち壊すという冒険に出たのである。 僕はこの瞳で嘘をつく 「僕はこの瞳で嘘をつく」を語る 犬山 翔太 「僕はこの瞳で嘘をつく」は、爆発的な売上げを記録した「SAY YES」の次に発売となったシングルである。

Next

僕はこの瞳で嘘をつく/チャゲ&飛鳥の歌詞

しかし、「僕はこの瞳で嘘をつく」は、そんな常識を覆してオリコンチャート1位を記録する大ヒットとなる。 それで親父も窪塚も納得するんなら、上等だよ、あんたの持ち駒になってやる。 2@Zepp Sapporo. 懐かしそうな瞳をしながら 僕の中の秘密の事 僕の中の誰かの事……? そんな恋人に本当のことを言えるはずがなく、かと言って言葉の弁解もうまくいきそうにない。 自分の体の異変以上に、今握っている手の力のなさに恐怖を覚える。 メロディーは、静と動、詞は純愛と2股愛、歌唱は柔と剛、編曲はピアノ中心とドラム中心。

Next

僕はこの瞳で嘘をつく CHAGE&ASKA 歌詞情報

もう嫌だ。 無意識のうちに、掛け布団に食い込ませた指に力が入る。 そこには、単に売れればいいという商業音楽への迎合ではなく、アーティストとしての創造性に対するこだわりを見せたのである。 「親父や海晴に隠してきた事、全部話す。 よほど、しっかりした心を持っていないと、恋人以上に若くて美しい女性が現われたりして親しくなったとき、抑えきれずに気持ちが傾いてしまうことがあるのだ。 あいつと結婚するなり心中するなり、好きにしろよ」 「ま、待って!」 言いたい事だけ言って立ち上がろうとした瑞樹を、母が慌てたように制した。 2 スキマスイッチ THE PLAYLIST vol. 見れば、食卓の瑞樹の席に、雪の結晶柄の紙袋が置かれている。

Next

僕はこの瞳で嘘をつく/チャゲ&飛鳥の歌詞

唇を離した彼女が、妖艶な笑みで見下ろしてきた。 1ヶ月は、我慢する。 その方がせいせいする、と思う自分も、どこかにいる。 パナソニックのオーディオコンポ『HALF』CMソングというタイアップこそあれ、売れる要素は少なかった。 柔らかいガーゼの端で心臓を擦るような何とも言えない焦燥感が喚起される。 2007年のアコースティックライブ『alive in live』では、ジャズ調のやや落ち着いたアレンジに変え、メロディーや歌い方まで大きく変えた。

Next

CHAGE and ASKA 僕はこの瞳で嘘をつく 歌詞

原曲では鮮やかなドラムと派手なシンセサイザー、CHAGE&ASKAの激しいシャウトによって、気持ちの動揺がすさまじい勢いとなって表現されていた。 むしろ海晴などは、瑞樹と一緒に台所に立つ機会が増えるのを喜んでいた位だ。 いいんじゃねぇの」 驚くほどあっさりと、瑞樹はそう答えた。 瑞樹は、無言のまま、向い側のソファの一番端に座った。 別の女性との関係がふとした失言をきっかけにばれないか、主人公は、心に鈍い痛みを感じながら、不安を打ち消すために全神経を注いで恋人の顔を見つめるのだ。 心のリズムは散らばるようなタンブリン 不信感でいっぱいの恋人を目の前に打開策を思案する彼の速まる鼓動が聞こえてくるかのよう。 親父が使えよ」 なるべく平静を装って、マフラーを父につきつけた。

Next