デュエマ バーン メア ザ シルバー。 【今日の一枚】vol.12《バーンメア・ザ・シルバー》乗り手不要の暴れ馬

【デュエマ】《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》で攻撃&防御力をバク上げだ!【どっちも優秀!】

【デュエマ 環境】キング・マニフェスト:バズって大型を召喚で出すロマン砲! デュエマ環境 最強デッキ・シェアトップ一覧 デュエマ環境 最強デッキ・シェアトップの流れは下記のようになります。 特に出す条件はコマンドとかを出すとかよりも難易度は高く・・・案外簡単に達成できるものから無理っぽいのまで様々。 そういった面も含めて今後の環境の1つとして考えたいデッキとしては十分な強さがあると思うわよ。 【バーンメアデッキ】2020年の優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察 「 デュエルマスターズ環境や、デュエルマスターズの環境を知りたい!という人はこちら。 呪文面の文明もそれぞれ異なっている。 序盤はブーストを打ち、マナにチェンジ先となる《》や《》を揃えながらマナを伸ばしていきます。 その他 [ ]• ウマ!ウシ!イルカ! そんな《バーンメア・ザ・シルバー》ですが、背景ストーリーにおいては 《ジョリー・ザ・ジョニー》の愛馬 《バレット・ザ・シルバー》が、 《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》と同時に三文明の力を得て変化した姿です。

Next

デュエマゴールデンリスト

北白河はコメント返信率100%を目指しております。 こういったデュエマのインフレに対して『大きくメタを貼れる存在』でもあるので水文明が良いようにマッチしています。 《アイアン・マンハッタン》 《バレット・ザ・シルバー》や《キング・ザ・スロットン》から捲って勝負を楽に決めるためのカードです。 まれに印刷のムラ・ズレなどがある場合がございます。 なので色々なデッキが散らばる環境だと、このデッキの強みも生かせないと思います。 ニヤリーに加えて今は《》が登場してるけど手札枯渇を行ないやすい3~4マナの現状で、ハンデスをピンポイントで喰らったら本気で辛い。 ラクエンロジック• バーンメアがあれば話が早いが、そうでない場合は《ドンドン吸い込むナウ》や《ライフプラン・チャージャー》から探しに行く必要がある。

Next

デュエルマスターズ │ デッキ紹介 │ すめらぎ【シータバーンメア】

「2018年から2020年までにどういったデッキが活躍したのかガチ・カジュアル含めインタビュー解説! 2020年以降流行している「デュエルマスターズ 環境」を紹介&考察。 逆に決め切らなかったらやられるというのもあって、『立て直す強さを2年目で得たけど・・・』という問題を抱えているデッキだとは思うわよ。 新殿堂の結果より『ミッツァイル』の採用はあれど様々なデッキが入賞・優勝する事になります。 環境に合わせて色々なカードも取れそうですし、中盤の繋ぎは入賞構築などを見ていると個人の色が出ていて面白いです。 商品情報 デュエルマスターズ 超天篇(ガチャレンジ・シリーズ) 「超超超天!覚醒ジョギラゴン vs. 《ネギオ》の能力で必要のないカードをマナゾーンから山札の上に置き、墓地の《ミッツァイル》をマナゾーンに。 ・フェアプロの連勝チャレンジ企画で大活躍した『 白緑ファイブスター』も環境に進出。 零龍デッキを出す条件はコマンドとかを出すとかよりも難易度は高く・・・案外簡単に達成できるものから無理っぽいのまで様々。

Next

【デュエマ】今熱いカードは?【名駅6F店】 / 名駅6F店の店舗ブログ

環境トップその4:カリヤドループなど 現状中堅・優勝すると思われているカテゴリーデッキはこちらより確認できます。 そのようにして手札に戻したジョーカーズのコストの合計以下のコストを持つ呪文を1枚、自分の手札または墓地から選び、コストを支払わずに唱えてもよい。 このクリーチャーが攻撃する時、Jトルネードしてもよい。 1月末現在、最も安定したデッキ選択とも言え、特に《ジェイ-SHOCKER》が環境的に強いこと、《生命と大地と轟破の決断》を使用するデッキをメタれる《奇天烈 シャッフ》が無理なく採用出来ることがプラスとなっている。 そうしたら、そのJトルネードされたクリーチャーの「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使う。

Next

【楽天市場】デュエルマスターズ バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ DMRP12 S10/S12 スーパーレア DuelMasters 【ランクB】 【中古】:トレカ通販 トレトク楽天市場店

【デュエマ 環境】零龍・・・速攻と共にギャスカなどの規制が待たれるテーマ 《零龍》デッキはドルマゲドンやドキンダムと同じようにルール上1枚しか置く事が出来ず特殊な召喚条件で出せる大型クリーチャーです。 超GRゾーン カード名 枚数 《ジェイ-SHOCKER》 2 《ポクタマたま》 1 《バツトラの父》 2 《せんすいカンちゃん》 2 《全能ゼンノー》 1 《ゴッド・ガヨンダム》 2 《The ジョラゴン・ガンマスター》 2 採用カードについて 《バレット・ザ・シルバー》 このデッキのコンセプトカードです。 環境トップ3位:ゼーロンデッキ 零龍 「零龍デッキに関しては様々な解説や考察もしていきたいんですが、まず重要なのは全てのデッキに採用が出来ないという事です。 ある程度のマナ調整等においてアドリブケアがしやすいメリットがあります。 改めてポテンシャルを見せ付けた。 バロン・ゴーヤマ• ジョーカーズ自体はガヨウ神などの殿堂入りがあれど、りんご娘はさんにんっ娘などの新規カードの登場で安定性が増した事やバイナラドアやSMAPONなどのメタ。 デイヤーとは違った互換での強みがあったという訳ですね。

Next

デュエマゴールデンリスト

始めに 初めまして。 ・発売約2週間前に開催されたチャンピオンシップではにこれを出張させた型が4位以内入賞を果たした。 但し《グレープ・ダール》が間に合えば盤面を制圧することも可能。 大会のメタゲームとしては、• ただし1枚目に《バルバルバルチュー》が捲れると失敗するので、常に8%のリスクはある。 元々、ミッツァイルデッキは赤単ミッツァイルなどの主要な動きがあったんだけど、主要マナブーストを活かしつつも盤面を作りつつ戦うのが特徴になってるデッキね。

Next

《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》

その呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに山札の一番下に置く。 《》 このデッキの核となるカードです。 ドッカンデイヤーのループ:50%•。 最近一気に頭角を現すカテゴリーとなりましたがそこまで持っていくためのケア等が大事になってきますね。 デッキの概要・リストはバナーをクリックか、以下のリンクから。

Next

【デュエマ 環境】2020年6月27日更新!上位,中堅,最強おすすめデッキランキングBEST10!【2019年以前の歴史も】

j・トルネードをメインとしているので「バウンス等がメリットになりやすい」というメリットです。 正直デュエマのインフレの真骨頂のようなカードなので『インフレを考えずにそのままいててほしいアーキタイプ』の1つだと思っています。 ・《「本日のラッキーナンバー!」》の支配から逃れたGRカードたちは大いに躍動を始めた。 採用候補だったカードについて 《バンオク・ロック》 1枚で繰り返し使用可能な序盤の動きを誤魔化すカードとして、2~3枚の採用を検討しました。 実際にバーンメアザシルバーデッキの強みは様々ありますがスピードアタッカーで尚且つ再利用して動けるという面はかの「カチュアイカズチ」を思い出します。 相手に《ジョット・ガン・ジョラゴン》を警戒させれればいいなーという思いもありました。 初期状態のバトルゾーンに必要なクリーチャーをすべて破壊し、GR召喚。

Next